​茨城県国際交流プログラムとは

グローバル化が進み、海外がより身近になってきた今日、外国人とより積極的で円滑なコミュニケーションを行える人材が求められています。「コミュニケーション=意思疎通」です。正確な意思疎通には、相手をしっかり理解することが大切な要素になります。 グローバル化が進む社会環境の中、語学力向上がクローズアップされていますが、積極的なコミュニケーション、 意思疎通を行うためには高い語学力だけを備えるのではなく、海外の文化、外国人の思考、表現方法、海外の生活スタイルを理解すること、いわゆる『国際理解力』が必要となります。周りを海に囲まれ、他国の文化の受け入れ、理解がまだ遅れている日本においては、国際感覚を身に着ける環境からは遠く離れています。海外からの留学生を受け入れることにより、身近に異文化を体験することができ、生徒一人一人のグローバル化、地域のグローバル化を図ることができます。

海外からの留学生にはそれぞれの自国の文化と日本の文化を交換することを目的に、日本の学生、地域の人々と文化交流を行っていただきます。いわゆる学力を向上させる「留学」を主目的とせず、高校への就学体験、カルチャースクールでの文化留学、ホームステイ滞在、また地域イベントなどへの参加を通じて、地域コミュニティとのつながり、参加生徒、そしてそれにかかわる人々が文化交流を行う機会を通じて国際交流を行います。

トビタテ留学Japanでも言われている通り、これから日本は「将来を見通すことが困難で、“正解のない時代」に突入します。正解のない時代には「自らが将来を切り拓く」力が必要になると言われています。海外からの生徒は、日本人とは異なる思考、行動、生活スタイルを持っています。高校生という柔軟な時代に、日本の生徒たちは留学生と共に過ごす事で多様性に触れることができます。自分で未来を切り拓くために必要なる「感覚」を体験することができます。

 

た、多くの文化講師様はじめ県内企業様にご賛同・ご協力頂き、茨城だからこそできることをテーマに留学生にはあらゆる茨城文化体験へ挑戦できる機会を設け、日本の生徒と一緒に文化体験を行うことにより、海外から来る生徒へはより日本を、そして茨城を日本の生徒ともに知ることができ、また日本の生徒も自分たちの文化を教えることにより、より日本、そして茨城、地元を知ることができます。参加生徒から茨城や茨城の製品の良さを海外の母国に発信して頂くことにより、世界の多くの方々に認知して頂きたいと思います。

                            国際教育交流ネットワーク機構 理事 本庄伊吹

                            国際教育交流ネットワーク機構茨城 代表 大谷敦子

 

日本から海外へ

常時留学受付

お問い合わせ

国際教育交流ネットワーク機構

茨城支部

050-5346-3137

ご連絡・お問い合わせ:


​国際教育交流ネットワーク機構

茨城GSO支部

月曜-金曜 8:00am - 4:00pm

050-5436-3137
gso-consulting@outlook.jp

お問い合わせフォーム:

© 2023 by Global Education Exchange Network Ibaraki

  • w-facebook
  • Twitter Clean